好きな本♡

国内

著者
タイトル
 
赤川次郎 三毛猫ホームズシリーズ 高校生の頃、いつも鞄の中には赤川次郎の本が入っていたな。
幽霊シリーズ
新井素子 グリーン・レクイエム 若い頃、彼女独特の世界が好きだった。
ひとめあなたに……
今はもういないあたしへ
おしまいの日  
飯田史彦 生きがいの創造 「生きがい」といったらこの方。
生きがいの本質値
人生の価
伊東明 1分間思考改革術  
伊藤重平  愛は裁かず 愛とは裁かず許すこと。
糸川洋 リーディングの奇跡 死者との対話が教える真実 大切な人を亡くした方にぜひ読んでいただきたい。
井上ひさし ブンとフン  
モッキンポット師の後始末
ドン松五郎の生活
黄色い鼠
十二人の手紙
吉里吉里人
上野千鶴子 サヨナラ学校化社会  
宇野千代 天風先生座談 健康になりたかったら心が大事。
幸せのつくり方 私も一日一日を心を込めて大切に暮らそうと思う。
私の幸福論 宇野氏95歳の時の作品。私の座右の書。
大石順教 無手の法悦(むてのしあわせ) 17歳で両腕を失いながらも素晴らしい人生を歩んだ順教の自伝。愛が深く強い人。涙が溢れた。
越智啓子 だれでも思いどおりの運命を歩いていける! 元気になる本。病気の方にも是非読んでいただきたい。
乙武広匡 五体不満足  
小貫大輔 耳をすまして聞いてごらん ある国際会議に参加した後、サンパウロの貧民街でシュタイナー思想に基づいた小さな学校に出逢う。そこでボランティアとして働くことに。行動力があって温かくて、なんてイイ男なの
角田光代 対岸の彼女 第132回(2004年)直木賞受賞作品。女性の心情を見事に表現している秀作。
勝間和代 起きていることはすべて正しい。運を戦略的につかむ勝間式4つの技術  
川口武久 しんぼう 著者の闘病記。
金城浩二 てぃだかんかんー海とサンゴと小さな奇跡ー 「自分が死ぬときに後悔するかしないか、それをものさしにして生きていこう」
栗本薫 キャバレー ハードボイルド系。好き!
黒柳徹子 トットの欠落帖 とっても笑えた。
桑原茂夫 ことば遊び百科 日本語って面白い!内容盛り沢山。
小山高生 元気玉 「子どもは親の言うとおりに育つのではなく、親のするとおりに育つんだ」
近藤章久 迷いのち晴れ  
近藤裕 ジョイの法則   
酒井大岳 さわやかに生きる  
笹沢 左保 愛人ヨーコの遺書 切ない小説。
佐田弘幸 すべてはうまくいっている  
重松清 君の友だち 娘たちのお勧め。切なくて愛おしい('10.4)
佐藤愛子 私の遺言 壮絶な霊体験記。
九十歳。何がめでたい ユーモア溢れるエッセイ。声を出して笑ったり、頷いたり。著者の情に厚く温かい人柄が伝わってきた。
篠田節子 女たちのジハード 女性にお勧め。
篠原佳年 快癒力  
謝 世輝(しゃ・せいき) マーフィーの成功人生の法則  
司馬蓮太郎 竜馬がゆく 大・大・大好き!
菅野泰蔵
(すがのたいぞう)
心の時間です   
鈴木秀子 愛と癒しのコミュニオン 「聞く力」とはどういうことなのか。とても為になった。
いのちの贈り物 私の価値観を変えた本。
生の幸い・命の煌き  
神は人を何処へ導くのか  
恵みあれば  
瀬戸内寂聴 あきらめない人生 寂聴さんと、寂聴さんが出会われた素敵な人々に魅了された。読み応えのあるエッセイ集。
高木善之 転生と地球  
高村 薫 マークスの山  
田口ランディ オクターヴ バリ島を舞台に精神世界を描いた作品。
ひかりのあめふるしま屋久島 屋久島の魅力がつまった本。屋久島に行きたくなった。
モザイク 世界がモザイクだってこと、知っている人ではないと理解できないかも。
陳舜臣
(ちん・しゅんしん)
小説マルコ・ポーロ  
辻仁成 ニュートンの林檎 辻仁成の作品で一番好き♡
筒井康隆 家族八景  
七瀬ふたたび
エディプスの恋人
寺山修司 ひとりぼっちのあなたに 詩集。『ジルの話』に甚く感動。
中島らも ガダラの豚  
今夜、すべてのバーで アルコール中毒の方に読んでいただきたい作品
中村桂子 あなたのなかのDNA(必ずわかる遺伝子の話)  DNAのことが丁寧に分かり易く書かれている。精妙でダイナミックな働きをしている細胞に対して感動と感謝の気持ちが溢れてくる。
中村久子 心の手足 両手・両足を失った彼女だけれど大変強い。 私たちが当たり前に思っていることは本当はとても有難いことだということを気づかせてくれる
中山可穂 サグラダ・ファミリア 『サグラダ・ファミリア』というタイトルが実に合っている。恋愛小説の傑作。
のぶみ ぼくとなべお NHKの「おかさんといっしょ」で放送していたけれどテレビで見るより断然面白い。彼は天才だと思う。
原田宗典   何を読んでも面白い!
原田マハ 楽園のカンヴァスニ アンリ・ルソーの絵が観たくなった。
太陽の棘 終戦直後の沖縄を舞台にした実話に基づく物語。深く感動。
モダン

ニューヨーク近代美術館(MoMA)で働く人々の短編集。「見えないところで、役に立っていて、それでいて美しい。そういうものを『アート』と呼んでいるよ」

デトロイト美術館の奇跡 「アートは友だち、美術館は友だちの家なんだ」
花々 心がとても温かくなる作品。私の居場所を大切にしたい。
林真理子 本を読む女 著者の母がモデル。一人の文学少女の半生
福岡伸一 遺伝子はダメなあなたを愛している 雑誌「AERA」の連載コラムをまとめた一冊。身近な疑問や悩みに生物学者の立場から答えてくれる。ユーモアに富んでいて楽しく読める本。
福岡伸一&阿川佐和子 センス・オブ・ワンダーを探して 対話形式。対話に溢れるお二人の人柄に感動。読みやすく非常に面白い。
星野富弘 愛、深き淵より 彼の詩画集に何度励まされたかわからない。友人の誕生日 には決まって星野富弘氏の詩画集を贈っていた。
風の旅
かぎりなくやさしい花々
あなたの手のひら
鈴の鳴る道
松田美智子 愛の奇跡 阪神大震災 感動の実話集。
三浦綾子 道ありき 三浦氏の本を読むと、生きることの意味を考えずにはいられなくなる。 私は無宗教だが、「神」の存在は絶対なものになっているし、三浦氏の本により、私の人格が形成されたのではないかと思ってしまうほど影響を受けている。
塩狩峠
氷点
細川ガラシャ夫人
われ弱ければ
病めるときも
夕あり、朝あり
泥流地帯、続泥流地帯
ひつじが丘
海嶺
天北原野
三島由紀夫 春の雪   
金閣寺   
三田誠広 天気の好い日は小説を書こう火車 早稲田大学での講義録。楽しく、あっという間に読めた。小説を書きたくなってしまった。
美智子 橋をかける 「国際児童図書評議会」で講演されたものを書籍化したもの。皇后美智子さまの美しく、愛深い文章からお人柄が伝わってきた。多くの方たちに読んで頂きたい作品。
宮部 みゆき 火車 初めて読んだ宮部氏の本。スゴイ作家だと思った。クレジットカード社会の恐ろしさを痛感。 恐くて切ない作品。
宮本輝 錦繍 (きんしゅう) ある事件をきっかけに愛し合いながらも離婚をした二人が10年ぶりに偶然再会する。 そして手紙のやりとりが始まる…。 死、生、未来について考えさせられる一冊。
青が散る 温かい人なのだと思う。宮本氏の本を読み終えた時、私の心はとても満たされている。
朝の歓び
生きものたちの部屋
草原の椅子
ドナウの旅人
海岸列車
オレンジの壷
美輪明宏 ほほえみの首飾り  
村上春樹 ダンス・ダンス・ダンス 村上春樹氏の描く世界に、いつもハマってしまい、しばらく現実の生活に戻れなくなってしまう。
ノルウェーの森
ねじまき鳥クロニクル
羊をめぐる冒険
村山由佳 野生の風 色や風や匂いを感じることのできる作品。映画を観ているような感覚になった。
永遠 短い作品だが、心が清らかになる素敵な物語。
群ようこ 肉体百科   
トラちゃん   
鞄に本だけつめこんで   
柳田邦男 マリコ マリコは日本人外交官の父とアメリカ人の母の間に生まれた。戦争を背景にマリコの母とマリコの半生を描いたノンフィクション。
山崎豊子 大地の子 NHKのドラマよりも本の方がストレートに描かれている。一気に読める感動作。
山下柚実 ぷっちんもちもち食感漫遊記  
山田 一廣 知っておきたいエチオピアの実像  
吉本ばなな アルゼンチンババア 短くて読みやすい本だが内容は深く温かい。大好きな本。『死とは一生消えない大きな贈り物』
TUGUMI   
アムリタ  
渡辺和子 面倒だから、しよう 生きる指針となる本。

 

国外

著者
タイトル
 
フローレンス・S・シン 人生を開く心の法則  
ルイーズ・L・ヘイ 心が満たされる本  
ジェラルド・G・ジャンポルスキー 愛と怖れ  
エルザベス・キューブラー・ロス 人生は廻る輪のように  
ポール・フライシュマン 種をまく人 貧民街のゴミ溜めに一人の少女がマメの種を蒔いたのが始まり。次から次へと様々な人種が種を蒔き始める。いつのまにかゴミ溜めは菜園に生まれ変わる。
とても好きな作品。
ニロ・マルコフ・アシスタント どうして私はエイズから生還したのか エイズの女性が治ってしまう。何故なのか?彼女の実体験のプロセス。
ミッチ・アルボム モリー先生との火曜日   毎週火曜日、難病に冒されているモリー先生に著者ミッチが 授業を受ける。モリー先生の言葉が私にも大切なことを教えてくれた。
アール・ナイチンゲール アール・ナイチンゲールの偉大な発見 いかに生きるか。人間は自分が考えているような人間になる。

 

子育て

著者
タイトル
 
金盛浦子 素直な子どもに育つお母さんのひと言 素晴らしい本に出会えて幸せ!
平井信義 ほんの少しのやさしさを  

 

子ども

著者
タイトル
 
池内了(文)
小野かおる(絵)
お父さんが話してくれた宇宙の歴史 絵もあるので、楽しくてわかりやすい。
加賀谷穣 (まんがで知ろう天文学①)星世界たんけん 子ども向けの学習マンガ。わかりやすい。大人の私が読んでも楽しめる。 大好きなシリーズ♡著者の宇宙への愛情が溢れている。
(まんがで知ろう天文学②)太陽系たんけん
(まんがで知ろう天文学③)大宇宙たんけん
川島隆太 脳を育て、夢をかなえる 前頭前野を鍛えることが大切。前頭前野の働きと鍛え方がわかりやすく書かれている。
麻柄啓一 じょうずな勉強法 勉強のしかたについて心理学の立場から書かれている。勉強することの楽しさを知ることが出来る。 知識とは豊かに生きていくための道具。
天外伺朗 大きな森のおばあちゃん 干ばつの危機に直面した象さんのお話。